土井義晴さんのフォーラムへ

週末土井義晴さんのフォーラムがあり参加してきました。

「おもてなし料理で暮らしを豊かに」がテーマで、パネリストは
池田 義雄さん(お医者様でタニタの名誉所長の方)
千 宗守さん(茶道の家元の方)
山瀬 まみさん

という面々。
おもてなし料理やアイデアの提案なのかな?と思っていましたが、さまざまな観点からおもてなしや食を考えるといった内容で興味深かったです。

どちらかというと「おもてなし」の心とか考え方のお話。

池田先生は「腸内細菌」をもてなす・・・みたいな観点で食物繊維・発酵食品の話が主だったり。


土井先生のデモンストレーションもあり、メニューはポテトサラダといんげんの胡麻和え。
本当にシンプルな家庭料理ですが優しい語り口で丁寧に作るのを見ているととても美味しそう^^


土井先生と言えば「一汁一菜」が最近話題ですが、そのお話も聞けて嬉しかったです。



タニタの推奨は昔からの和食の一汁三菜ですが、土井先生の一汁は具だくさんの汁物なので、ならせば一汁三菜にはなってるんじゃないだろうかという池田先生のコメントもありうーんなるほどーと納得。

この頃は食と健康について考えたりすることも多く、頭を整理するよい機会になりました。

SNSがこれだけ生活に浸透していると、つい他のおうちのごはんを見て
「わーこんなに頑張って品数も多くてきれいに盛り付けてすごい!でも私は・・・」
みたいな気持ちになることがありません?

食べもののきれいな写真を見るのがわくわくして好きなんだけど、家ごはんなのにやたら花やら木の実やらおしゃれ雑貨がテーブルに散らしてあるのを見ると違うよなあ・・・と違和感を感じたり。
主婦だから飾りのハーブ買うならお腹にたまる野菜買うわと思ったり・笑

おいしくできたから写真も撮っておきたいっていうシンプルな気持ちだったのにどんどん違う方に行ってしまったり。


あれ話が脱線してます^^;

とにかく生活も食もどんどん華美なものを手放して本当に必要なものを自分で選んでシンプルにいきたいなあー。

おもてなしもね、肩の力を抜いて相手のことを考えて。自分の毎日食べてる普通のごはん、美味しかったから人にも食べてもらいたいな、と思ったらお味噌汁とぬか漬けだって立派なおもてなしですよね。


20170530123120aea.jpeg

そんなことを考えながら帰りにカフェでほうじ茶ラテを。
ひとりの贅沢な時間でした。


にほんブログ村テーマ シンプルライフへ
シンプルライフ
にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし


にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 0